連絡する前にすること

男性と女性

製造メーカーに連絡

お風呂に入るのにも、シャワーを浴びるにも、冬場は洗顔や食器洗いなど生活になくてはならないお湯は給湯器があるため自由に使うことができます。ガス給湯器は信頼性が高いので10年間は故障率が低いですが、それを超えると修理が必要になることがあります。ただいきなり給湯器の修理が必要になるのではなく、ある程度の前兆があるので、それに気がつけば早めに修理ができて、大きな修理をしなくてもよかったり、交換をしなくても済む可能性があります。前兆としては今までより大きな音がするようになったり、温度が一定しなかったりといったことがあります。給湯器が故障したかと感じたら、まずリモコンのエラーが表示されていたら取り扱い説明書に従うことで直すことができることがあります。エラーでない場合には、ガスの供給が止まっていないかを確認してください。他の原因が無い場合には給湯器の故障の可能性が最も高いので、業者に修理を依頼します。業者はガス会社ではなく、地域のガス工事店または給湯器のメーカーに連絡するようにしますが、賃貸物件の場合にはガス給湯器は住宅設備になるので、自分では修理せずに管理会社に連絡するようにしてください。住宅が自分の所有であれば、給湯器本体の品番と製造年を症状とともに伝えるようにしてください。給湯器のメーカーであれば、品番と症状がわかれば原因を推測ができるため修理にかかる概算価格をその場で教えてくれるでしょう。その額を聞いて、修理するか交換するかを決めるようにしてください。

Copyright© 2017 給湯器の修理を検討しているなら|業者の見積もり価格を比較すべし All Rights Reserved.