依頼するときの注意点

修理

直すか買い直すか

急にお湯がでなくなった時は給湯器が故障したので修理が必要かと思いますが、まずは故障しているかどうかを自分でも確認することができます。ガス栓や水道の元栓が閉じていないか、給湯器の電源が入っていて、給湯温度も正しく設定されているかを最初に確認します。またリモコン画面やガスメーターにエラー表示が出ていないかを確認します。エラーが出ていたら取り扱い説明書を見て復旧を試みます。これらの原因に当たらなければ修理が必要になりますので、業者に修理を依頼して下さい。給湯器を修理する場合は必ず見積もりを取ることになりますが、見積もり料金は故障内容によって異なりますが少なくとも3万円はかかることが普通です。一方新たに給湯器を設置する場合は機種によっても異なりますが、約20万円位はかかることが一般的です。新たに設置する方が金額は高くなることが多いですが、設置年数が10年を超えている場合には給湯器の交換を意識した方が良いでしょう。給湯器が安全に利用できる年数は10年で設定されていることが多く、古い給湯器を修理して使っていてもまた故障する危険性が高い上に最新の給湯器では効率が良くなっているためガス料金が安くなることから長い目で見れば新たに買い変えた方が結果的に安くなることも多いです。給湯器を修理するにしても買い変えるにしても1社だけに絞って見積もりをしないようにしてください。早くお湯が使えるようにしたいので1社だけに絞ってしまいがちですが、複数の業者に見積もり依頼をして金額と見積もり内容を比較するようにしてください。

Copyright© 2017 給湯器の修理を検討しているなら|業者の見積もり価格を比較すべし All Rights Reserved.