選ぶ基準は3つです

作業員

ガス給湯器には選ぶ基準があります。1つ目は種類に注目することです。貯湯式と瞬間式の2つあります。2つ目は給湯能力です。3つ目はお風呂機能の充実さです。これらの3つの観点からガス給湯器を選ぶことが大切です。

詳しく見る

依頼するときの注意点

修理

給湯器が故障した時には、修理するか新たに購入するかを考えますが、10年以上使用しているのであれば買い変えることを考慮して下さい。見積もりを取る業者は1社に絞らずに必ず複数の業者から見積もりを取って、比較検討するようにしてください。

詳しく見る

仕組みや使用のメリット

女性

ガスの燃焼熱で水をお湯にするガス給湯器は、電気給湯器よりも設置費用が安く、なおかつ素早く多くのお湯を作り出すことができるため、需要があります。貯湯式の場合、断水時にもお湯の使用が可能です。また電気との切り替えができるハイブリッド給湯器もあり、経済的な利用ができることから注目されています。

詳しく見る

連絡する前にすること

男性と女性

給湯器は故障する前に異音がするなどの前兆があるので、それに気付けば大きな修理代を支払わなくても済みます。給湯器本体が故障した場合には、ガス工事店または製造メーカーに連絡しますが、品番と製造年と症状を伝えるようにしてください。

詳しく見る

仕組みで異なる設置費用

給湯器

ガスの燃焼エネルギーでお湯を作るガス給湯器は、5〜20万円で設置できるので人気があります。また、設置には70万円ほどかかりますが、ガスエンジンで効率良くお湯を作り出せるガス給湯器も注目されています。さらに、設置費用は約200万円と高いのですが、ガスの化学反応でお湯と電気とを作り出せる機種もあります。

詳しく見る

壊れたときに利用するお店

お湯

直してほしいときは

給湯器が壊れてしまったときは、商品を購入したお店に相談しましょう。給湯器の販売だけではなく修理を行っているところがあるため、機器が壊れたときは問い合わせることをおすすめします。給湯器を購入したお店が直してくれない場合は、近くにある修理店に依頼してください。長年修理を行ってきたお店は技術力があるので、創業年数で利用するところを選ぶと良いでしょう。会社を選ぶときは、技術力だけではなく値段設定も重要なポイントです。昔からやっているお店を何軒か見つけたら、まず見積り依頼を行ってください。見積り依頼をするときは、できるだけたくさんの会社に頼むことが大切です。給湯器を修理するときに相場をしっかり把握することで、良い会社を判断することができるでしょう。適正な価格を提示する会社は誠実に仕事をしてくれる可能性も高いため、初めて修理を依頼するという人にピッタリです。複数の会社に一度に見積り依頼ができるサービスもあるので、相場を知りたいときは誰でも簡単に調べることが可能となっています。信頼度の高い会社だけが登録できるサイトを利用すれば、誰でも安心して修理を頼めるでしょう。一括見積りはインターネットで申し込むことができるようになっており、時間があるときに頼みたい人でも安心です。一括見積りのサイトに住所を入力することで近くの業者に値段を提示してもらえるので、自分で近所にある会社を探さなくて済むという長所もあります。

Copyright© 2017 給湯器の修理を検討しているなら|業者の見積もり価格を比較すべし All Rights Reserved.